■99年頃

大学進学で上京。

埼玉の田園地帯で生活をはじめる。

カラオケ大会で優勝する。(椎名林檎の衣装でホイットニーヒューストン)

野尻湖プリンスホテル宿泊券が当たる。

胎内巡りをしている最中、金縛りにあい

当時の交際相手に背中を押してもらってなんとか這い出る。

バンドサークルに入り、タブ譜1曲作成につきメロンパン1個、という商売をはじめる。

外国人女性や椎名林檎のコピーバンドに明け暮れる。

ドラムも叩かされる(オフスプリング)。

 

■00年頃

股関節亜脱臼だったことが判明。

移植手術の際、マハラジャと小人たちの宴会、という幻覚をみる。

 

■02年頃

就職活動中、最終審査にて「モラトリアム指数が高すぎる」という指摘を受ける。

卒業後の進路を真剣に悩んでいたところ、友人のバンドに誘われ

バンドをしながらフリーター、という道を選ぶ。


■04年

上記バンドのドラムに誘われ、自分メインのバンドをはじめる。

名前は【ブラウニーキック】。

当初3人編成だったが、方向性の違い(と私の適当な性格)からベースが脱退。

ベースを公募するが、面倒くさくなりすぐやめる。

2人編成にしては名前が長すぎる気がして【ハルネロ】に改名。

せっかくだしと、シングルCD【背中】を作り、ライブ会場にて販売開始(背中、ビール、失踪届)。

その頃、自然な流れでサポートベースが入る。

年末、ドラムに都内某所に呼び出され(ちゃんとおめかししてきてねと)

そのままオーディションの最終審査会場に。

よくわからないまま受かる。

喜ぶ。

 

■05年

TBS系列【カウントダウンTV】オーディション合格者のコンピレーションCD発売。

1曲目に【背中】収録。

深夜番組【デジ屋台】に、宣伝のため出演。

エレベーターでドランクドラゴン塚地氏に遭遇し、はしゃいで叱られる。

うっかり化粧を忘れての撮影だったため、酷くむくんだ顔が流れる。

様々なライブに精力的に参加し、どんどん楽しくなる。

 

■06年

あまりみないようにしていた方向性の違いがくっきりしすぎたため、解散。

ある日【ピロカルピン】のライブを観に行った帰り

大学の後輩と「テンションがおさまらん、スタジオ入ろうぜ」とそのままスタジオへ。

同時期、親交のあったバンドのベースから「バンドやろうぜ」と言われ

親交のあったバンドのギターを誘い

4人編成バンド【ネロウメロウ】結成。

オーディション各種、路上ライブと非常に精力的に活動をする。

 

■07年

路上ライブ中、徳光 正行氏に声をかけられ

東京MXTV【ガリンペイロ】に、ドキュメントということで毎週流して頂くようになる。

実際、非常にドキュメントであったため

働く時間もなく、移動も多く、尿管結石をわずらい、精神的にも病むが

ファンの方々の支えで、なんとか動く。

新宿marzワンマンライブの後、性格の不一致から分裂。

 

■07年

【ネロウメロウ】ドラムと【ミヤザキナオコとナカムラリッケン】を結成。

楽しく無理せず、を念頭に置きながらも

割と精力的に活動。

悪ノリが本当に楽しかった。

アルバム収録最後の曲はもれなくリッケンボーカル(及びラップ)で

音楽は楽しいな、と強く思いはじめる。

 

■09年

声をあまり張らずにうたいたい、という欲求がでてくる。

お互いの長所の違い、により解散。